ホワイトニングの歴史を知ろう!


”輝く白い歯で、最高の笑顔に”

近年ホワイトニングという言葉が一般的に浸透してきましたが、予防歯科・審美治療の本質を話すことは日常生活ではほぼないのではないでしょうか?このページでは、Smilewowの商品から少し離れ歯の健康のなりたちをみてみようと思います。


歯の清潔は健康の要

古代ギリシャ紀元前4世紀、マケドニア王家の教師になったアリストテレスは「起床とともに手を洗い、口をすすぎ、目の粗い布で歯を磨きなさい。」「健康は肉体の最も称賛に値する美質でもある。」と国王に教えています。そのように古代から口内衛生は健康の要とされていました。口腔内の健康が損なわれると、不安定な気分、頭痛、痛み、不眠、食欲不振、歯周病や糖尿病、心臓病などの病気を悪化させる事が現代の医学で証明されています。予防歯科とはそのような症状を未然に防ぐため、日頃から口腔内を手入れし、健康かつ美しく保つことをいいます。具体的な例としては、歯ブラシ、歯間ブラシ、ホワイトニング、舌苔ブラシなどでお手入れをする事が予防歯科の基本です。


歯は美とステータスの象徴

紀元前3000年頃の古代メソポタミア文明では歯痛や虫歯の元凶は、歯に宿っている魔物であるという「ワーム伝説」が信じられていました。


古くからの文化により

日本の方は笑顔を隠す?

神官がまじないをし、鎮痛作用のある植物の種を利用して痛みを緩和していました。それから1000年たった古代エジプトではすでに口腔ケアの先進地となっていました。軽石粉・はちみつ・ワイン酢・緑青・乳香などを利用して歯磨き粉を作り、歯を清潔に保ち、白くしていたようです。

満面の笑顔で見せる

白い歯は、美しさの象徴

奴隷にかしずかれていた裕福なエジプト人は塩・卵の殻や動物の骨を焼いた灰を利用して歯を清潔に保っていたようです。また古代のローマでも白い歯がすでに美しさの条件となっており、アンモニアの漂白作用を利用して尿で口をすすぐ事も勧められていたようです。


日本への歯磨きの習慣は仏教ともに伝わったといわれています。仏教僧侶の身を清めるための一貫として「房楊枝」を使い儀式をおこなっておりました。国宝の「病草紙」にかかれているように、平安の美女たちは口臭に悩んでおりました。有名なものでは「口臭の女」の一説で、「一人の美しい女がいた。女にひかれる男たちは彼女に近づこうとした。しかし、近づくと、とたんに鼻をつまんで逃げ出してしまう。耐えがたい口の臭さなのだ」口を覆う2人の女官の姿もあり、「鏡で顔を見て、暦で吉凶を占い、そして楊枝を使い、西を向いて手を洗うこと」とあり、朝の歯の掃除とお祈りが平安貴族の間では習慣だったようです。


歯の手入れをしている浮世絵も多数残っているように、江戸時代になると虫歯を放置したことによる敗血症での死亡率が一番高かったとも言われるほど虫歯が蔓延していました。その事もあり、この時代には庶民にまで歯磨きや口内衛生への関心が行き届きました。無名の細工職人が木製の入れ歯を作り、一般大衆に手の届きやすい価格で提供していたようです。「親のすね かじる息子の 歯の白さ」と道楽息子を皮肉る川柳でうたわれたほど歯の白さは装飾品と同じような価値になってきました。


予防歯科に貢献した重要人物


口内衛生に最も起因した国はアメリカと北欧であるといわれています。デンタルフロス・歯間ブラシの大切さを世に送り出したのは、今から約200年前の開業医のヴィ・スピア・パームリーです。「歯間の汚れをとる事がすべての疾患の原因を予防する」と説いています。また、彼の書いた歯を守るための実践法には、”女性の美しさは“歯の美しさ”なしには考えられない”歯という重要な器官は人の考えを音声にし、感情を伝え、話すことを可能にする””口こそが、命を維持するための重要なプロセスが始まる場所である” と、歯の大切を現代にまで残してくれました。

その後100年が過ぎ、予防歯科は忘れ去られ、世界では治療歯科が一般的になっていった中、“人を診る予防”へと変革をおこしたのが、ロバート・フランク・バークレーです。実際に“人を診る予防”とは、歯科医と二人三脚で自分の力で歯を守る方法を習得させるといったものです。彼は、「人間の行動学」や「患者との関係性」を重要視し、予防歯科の哲学の基礎を築いていきました。




予防先進国スウェーデンの予防歯科の今の基盤を作ったのが“予防の父”と呼ばれているスウェーデンのペール・アクセルソン博士です。歯周病が蔓延してきた1970年にはスウェーデンの医療費を抑えるため、虫歯の予防が国家戦略となりました。アクセルソン博士の30年の研究のはじまりは、むし歯や歯周病はなぜ、年齢を問わず“ある部位に集中して発症するのか」という仮説でした。そして、口内全体をクリーニングするよりも、臼歯隣接面及び歯肉縁下・下顎舌側の歯頚部のプラーク(細菌の塊)が蓄積しやすいリスク部位を優先することで、健康的な歯を守ることに繋がることを実証しました。


ホワイトニングの実用化のはじまり

ホワイトニングの歴史は今から4000年前のエジプトまで遡ります。クレオパトラは食後にペパーミントを歯にはりつけ歯磨きをしていたようです。この事からもわかるように、古代から歯の白さは重要な美の象徴となっていたようです。

独自の技術や製法で実現したお客様のための

安心安全なオールナチュラル成分?

今から100年ほど前ミョウバンを利用したホワイトニングが世界で初めて行われましたが効果があまりありませんでした。その後アメリカの医師チャップルがシュウ酸を使用し、歯の表面のエナメル質を溶かして白くする方法がでてきました。今ではすでに一般的になった過酸化水素に光を当て白くする方法は偶然日光浴をしていたクルスマー医師によって1918年に偶然に発見され、1968年には過酸化尿素・過酸化水素を使ったホワイトニングの実用化が本格的にはじまりました。

いろいろ選択肢があるこの世の中で...

他社製品と比較すると?

それから、1989年にアメリカで初めてホワイトニングが商用化されました。それまでは歯を削ったり、被せ物をする、歯の神経を取り、歯の内部にホワイトニング注入する方法「ウォーキング・ブリーチ」が一般的でしたが過酸化尿素を使ったホームブリーチングの製品が発売され、この技術のおかげで歯の内部に働きかけ、ステインを分解し歯を白くする事が可能になりました。アメリカに遅れること7年、1998年5月に日本で認可がおり、ホワイトニング剤が発売されるようになりました。しかしながら、酸を利用したホワイトニングは歯のエナメル質が薄い日本人は歯への影響がおおきく、近年では植物由来のナチュラルやオーガニックのホワイトニングが人気です。

Smilewowのホワイトニングは自然派志向の方に安心して使っていただける酸を使用しないホームホワイトニングです。

SmilewowのおすすめPOINT3

POINT 1. オールナチュラル

安心安全。100%独自の自然由来成分で痛みも最小限。

POINT 2. お財布にやさしい

歯医者さんだと高額だけど、ホワイトニングキットならコスパもよし!

POINT 3. 持ち運び便利でラクラク

予約などもなしでいつでもどこでもお気軽にお試しいただけます。

さて、Smilewowのホワイトニングを試したくなりましたか?

ホワイトニングで白くなった歯で、毎日を笑顔で過ごしましょう!
Pre-loader